2016年02月23日

中日新聞に取材記事が掲載されました

先日、中日新聞の記者のかたから取材を受けました。
産科医の不足や休止となる産科が増えていている中で、新規に開業をしたことへの思いについての取材でした。開業に至った経緯、どんなことをやってみたいのか、現在の産科医療における社会的な問題点など、幅広い内容の取材でした。

その内容が、本日の中日新聞の朝刊の「医人伝」というコーナーに、掲載されました。

CCI20160223.jpg

こちらが電子版のリンクです。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20160223160418088

講演や医学雑誌への原稿の投稿などは、経験してきましたが、記者から取材を受けたことは初めてのことでしたので、少々緊張をしました。しかし私が答えやすいように、記者のかたがうまくリードをしてくださりました。

始めたばかりの医院ですが、社会に対しての自分の役割を全うできますよう、こつこつとがんばっていこうと思います。よろしくお願いし申し上げます。
ラベル:記事
posted by 依藤 産婦人科医院 at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

胎児心拍モニター研修会を開催しました。

昨日は、私の母校である順天堂大学産婦人科の牧野准教授をお招きし、胎児心拍モニターの研修会を行いました。胎児心拍モニターとは、お腹の中の赤ちゃんが元気であるかどうかを評価する方法として、胎児心拍数と子宮収縮の連続した変化をモニタリングする検査です。

yjimage.jpg

この検査は、赤ちゃんが元気であることを確認する上で、とても大切です。状態が良さそうな赤ちゃんを、状態が良いと診断することがとても得意な検査です。(一方で、状態が悪そうな赤ちゃんを状態が悪いと診断することは、若干苦手な側面も持ち合わせています。)
現在の産科医療の中で、このモニター以上に赤ちゃんの状態をリアルタイムに評価できる方法が他にないため、赤ちゃんが元気よく生まれてくるための、妊娠中・分娩中の水先案内人のような役目を帯びた、欠かすことのできない検査です。

そのモニターによる赤ちゃんの評価と、必要な対応と処置について、当院看護師、助産師向けにレクチャーをしていただきました。分かりやすく、基本的な内容を中心に、最新の知見も交えた大変興味深いレクチャーでした。

IMG_4536.JPG

多くの分娩施設では、お産の進行中の合間合間(数十分毎)に、このモニターによる分娩監視を行っております。しかし、分娩進行中は赤ちゃんが突如として、急激に危険な状態に陥る可能性が常に存在します。驚かれるかもしれませんが、妊婦様がトイレに行っていた間に、赤ちゃんの具合が突然悪くなり、脳性麻痺を起こした報告も散見されます。このため当院では、陣痛または破水で入院された後は、お産が終了するまで連続的にモニタリングを行っております。

連続的にモニタリングをしますと、機械のコードなどで、妊婦様が自由に動くことを長時間制限してしまうことになりますが、少しでもその負担を軽減できますように、当院では最新のコードレスの分娩監視装置を使用しております。多少のご不自由をさせてしまうかもしれませんが、より安全に、より安心して、元気なお子様をご出産していただくために、妊婦様のご理解をいただけますと幸いです。

当院では、今後もこのような研修会を定期的に開催し、スタッフ教育に力を入れていきたいと思います。
ラベル:記事
posted by 依藤 産婦人科医院 at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

小児科外来が始まりました!

今月2月4日より、小児科外来が始まりました。

順天堂大学新生児科の森 真理 医師が担当いたします。
2月3月は、隔週の木曜日(第1週、第3週、第5週 午前・午後)、4月からは毎週木曜日(午前・午後)に予定しております。

予約制で行っていますが、予約が空いている場合や、ワクチンに余裕のある場合には、当日でも対応できますのでお問い合わせください。予約はHP上からも、電話からもとることができます。院外でご出生されたお子様につきましても、対応いたします。

診療内容につきましては、乳児健診、予防接種、アレルギー相談外来となっております。

乳児健診は、生後1ヶ月健診、4ヶ月健診(静岡市の助成がございます)、6ヶ月健診、10カ月健診(静岡市の助成がございます)、1歳児健診、2歳児健診を行います。お子様の発育、発達の状態、育児についてのご相談等もお受けいたします。
illust797.png

予防接種につきましては、定期 / 任意予防接種を行います。
生後2か月から各種ワクチンの接種が可能です。ワクチンは種類が複数あり、接種の間隔を空けなくてはいけないものもあり、お母様とご相談させていただきながら、スケジュールを立てさせていただきます。
接種可能ワクチンとて、ヒブ(インフルエンザ菌)、肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎ウイルス、4種混合DPT-IPV、BCG、MR(麻疹風疹)、水痘、おたふくかぜ、季節性インフルエンザウイルスがございます。
pneu2.jpg

アレルギー相談外来では、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、食物アレルギーなどを対象に診療を行っております。お薬の処方も可能ですので、お気軽にご相談ください。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



ラベル:ご連絡 記事
posted by 依藤 産婦人科医院 at 14:57| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。