2016年05月10日

妊娠と静脈血栓・塞栓症B

熊本地震から3週間が経ちました。被災地の復興が進む中で、血栓・肺塞栓症による地震関連死の報道が、現在も散見されます。車中泊同様に、避難所生活自体も血栓症のリスクとなるため、一刻も早く被災者の方たちが元の生活に戻れますよう、心より祈念しております。

今回は、血栓・塞栓症の予防法や地震との関連について解説を加えます。

5.どうすれば予防できるのか?
 妊娠中の血栓症は悪阻(つわり)の悪化で水分摂取が困難な時期と、分娩後(特に術後に安静臥床を余儀なくされる帝王切開を受けられた方)に多いと言われています。妊娠週数がすすむと妊婦さんは生理的にも「むくみ」やすくなりますが、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を発症した妊婦さんはさらに病的に「むくむ」ことになります。このような場合に、「むくむ」からと言って水分の摂取を制限してしまうと、脱水となり血栓ができやすくなります。適切な水分の摂取と、分娩後は早期の離床が血栓症の何よりの予防となります。

 下肢のむくみが強い場合や、静脈瘤がひどい場合、切迫早産や帝王切開などで安静臥床を強いられる場合は、弾性ストッキング(サポートタイプのストッキング)を着用し、血液のうっ滞を予防することが効果的です。長時間の飛行機やバス、車の移動では、サポートタイプのストッキングをはき、こまめに足を動かし、できる範囲の軽い運動とこまめな水分補給に心がけます。

スライド3.JPG

6.地震と血栓症
  2004年の新潟県中越地震では、車中に避難した被災者の30%、避難所に避難した被災者の5〜10%に深部静脈血栓が認められ、肺塞栓症による死亡者も相次ぎました。これは被災者が車の中で避難生活をしたケースが多かったことによります。

 東日本大震災において、いち早く宮城県内の避難所を回り、被災者を対象に血栓の有無を調べた新潟大学の榛沢和彦氏によると、宮城県の石巻市や南三陸町など約20カ所の避難所において194人のうち44人(23%)に血栓が認められとのことです。熊本地震においても、高齢者が多く、避難所生活が長引くことが避けられないため、今後血栓症及び肺塞栓症の新規発症例が増えることが危惧されています。症状がないために、気づかれていないケースも潜在的に多数あると思われます。妊娠されている方は特に注意が必要です。

7. 最後に
 血栓症・肺塞栓症は一度発症してしまうと生命への影響が大きいために、発症を予防することが大切です。しかし100%予防できるとは限らないため、軽微な症状であっても早めの医療機関の受診、ご相談が必要です。
ラベル:記事
posted by 依藤 産婦人科医院 at 17:45| Comment(0) | 医療記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする